Monthly Archives: 5月 2015

高血圧の治療薬であるカルシウム拮抗薬の副作用に注意

高血圧や狭心症に悩まされている方でカルシウム拮抗薬の内服を行っている人も少なくありません。
特に、高血圧の方は脳梗塞などのリスクにもつながるため注意が必要です。
このカルシウム拮抗薬は正しく使うことで様々な病気の原因疾患である高血圧や、命の危険にもかかわる狭心症でとても大きな活躍をしてくれる薬剤です。
しかし、副作用のリスクが大きな薬でもあるため内服には注意が必要です。
カルシウムは細胞膜上のカルシウムチャネルと結合することで冠動脈の拡張かつ血管の収縮や心拍数の上昇によって血圧が上昇します。
しかし、カルシウム拮抗薬を内服することでこのカルシウムとカルシウムチャネルの結合を妨げることにより血管の収縮や心拍数の上昇を抑えることで血圧を低下させます。
そのため、血圧の低下の最も有名なめまいや立ちくらみに悩まされる人も少なくありません。
これは血管の拡張や心拍数の上昇を抑えているための体の循環に必要な血液が不足しているために起こる副作用です。
さらに体の循環がさらに不足することで出血性ショックと同じような状況につながる危険性があります。
このような症状が副作用として起こることが考えられるため、乗り物や危険を伴う作業を行うことはできません。
カルシウム拮抗薬の内服が必要な場合にはとても注意が必要なのです。
他にも血管拡張により下肢の循環が滞りやすくなるためむくみやすくなります。
また心臓の伝導系への影響や同結節の抑制が行われるため除脈や房室ブロックを起こす引き金になることもあります。
このように血圧のコントロールはとても重要なのですが、副作用には命に関わる副作用もあるため内服には注意が必要です。
医師の指示に従い内服を行うことがとてもなのです。